コラム

Vol.4 コミットメント または シグナリング


公職選挙では候補者は自分が具現化したいことを述べます。これを公約と呼びます。政党が公約を掲げる内容を「マニフェスト(manifest)」と呼んだりします。組織が法人として認めてもらうには定款が必要です。公的に新年の抱負、所信表明、所感表明など、社会生活だけでなく、個人の生活のなかで自分の意見を述べます。また、話し相手に問いかけます。改まった状況のなかで自分の意見を述べれば、責任が伴います。企業同士の取引交渉、求人求職の面接、企業と労働組合との賃金交渉など意見と意見、要望と要望がぶつかり合う場面が至る所にあります。 日本ではいつの時代からか「以心伝心」、「いわずもがな」、「空気を読む」、「気心の知れた仲」というように、思っていること、考えていることを言葉にしないことが「品がいい」ことであり、それができることが人間として「上級」なことであると思われてきました。この感覚、決して悪いことではなく、日本文化の一つの形だといえます。「本音と建て前の使い分け」も日本の伝統文化です。国際的な外交の場では当然のことですが。この文化を理解できる相手には通用しても、通用しない相手もいることを知っておくべきだ考えます。
組織が対外的に意思を表明することをPR(パブリック・リレーション)と言います。広告宣伝と同じように使われることが多いのですが、本来はもう少し深い意味を持っています。最近ではCSR(コーポレイト・ソシャル・レスポンスビリティ企業の社会的責任)としてPRが企業の宣伝部ではなく広報部としての機能としてとらえられています。経済活動の根源的な要素です。経済活動が高度化し、規模が拡大すると、当然、PR活動も高度化してきます。これが崩れると様々な経済的、社会的不祥事を起こすことになります。
個人や組織が時々の状況に応じてコミットメント(commitment・言葉で関与すること)
告知、情報発信をします。コミットメントを出せば、その内容に責任がでてきます(言質・げんち)。政治家は言質を良いようにも、悪いように取られます。そのため、政治家は言葉選びに慎重になります。アメリカでは政治家だけでなく、社会的リーダーにポリティカルコレクト(政治的に正しい)かポリティカルインコレクト(政治的に間違っている)かが問われます。
デザイナーの立場ではデザインコンセプトを構築することが自分のコミットメントになります。デザイン活動では、従来のデザインの要素(機能性、審美性、経済性)に加えて、社会性、倫理性、思想性、政治性が問われてきます。それは、デザインの発注者、生産者、購買者、使用者に対する公約ともいえます。有言実行、熟慮断行、朝令暮改、君子豹変、馬子にも衣装、坊主憎けりゃ袈裟まで憎い、とことわざの中にも経済活動を思考する時のヒントが多くあります。

ページトップへ